スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在庫切れ商品ページの取り扱い

2012/09/24 (月)  カテゴリー/ページ作り

みなさん、こんにちは。
もしも大学公認講師の宮川です。

在庫切れ商品についてどうすればいいですか?
という質問をよく受けます。

確かにショップのトップページに在庫切れ商品が
たくさん並んでいるとお客様に不親切ですよね。

1.もう1回入ってきそうな場合
まずもう1回入ってきそうだな、と
思ううちはそのままにしておきましょう。
でも、トップページで一押し商品からは
優先度を下げて紹介したほうがいいかもしれません。

2.盛況感の演出効果も。
季節商品であれば、ある程度在庫切れも
混じっていた方が盛況感があるので、
私はあえていじらなかったりします。

お米屋さんのページなどが参考になります。

ブランド米の新米をいくつか並べているところは、
これも売り切れ、あれも売り切れ、
今ならこれしかないか、と諦めて買う人も
出てくるのかな、と思います。

ようは
「品切れが多くてずさんな管理をしているショップ」
と見せるか、
「商売大繁盛で、品切れ続出のショップ」
と見せるかの違いということですね。

3.もう取扱いを辞めよう、と思った場合

(ショップできすぎくんの商品点数の上限に
達さないと仮定しての話ですが)
おすすめポイントなどを自分で書いたサイトであれば、
消すのはもったいないですよね。
SEO的にももったいないです。

せっかく時間をかけて書いた文章は残しておきたい。

そこでトップページや、商品グループ、自由ページなどの
ページからの紹介は外し、商品ページ単体としては
残しておくことをおすすめします。

こうすることでSEO効果をある程度残し、
その上で、お客様からもあまり迷惑をかけない、
という対策が取れます。

それでも商品ページ単体にアクセスが多いのであれば、
そのページに他の商品の紹介を載せてしまいましょう。

例えば、青色は売り切れましたが、白色はまだございます、
というように。

あ、自分であまりページをいじっていなければ、
他のショップのページとの重複コンテンツと
見なされる可能性もありますから、
消しておいたほうがいいですね。念のため。

以上、在庫切れとなった商品の取り扱いについてでした。

もしもビギナーズ塾第7期生9月25日(火)締切
詳細はこちらから

スポンサーサイト

テーマ : ドロップシッピング - ジャンル : ビジネス

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。