スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儲かるキーワード広告の使い方(前編)

2009/12/13 (日)  カテゴリー/未分類

こんにちは。

Amazonで
「売上と集客が確実にアップする儲かるキーワード広告の使い方」竹内謙礼著 日本実業出版社
を購入しました。
品薄状態だったためか、通常の発送予定ではなく、
25日以降になってしまうかも、とAmazonから案内を受け、
年末頑張ろうと思ってたのに~、とがっかりしていましたが、
何のことはなく普通に着きました。よかった。

最近、キーワード広告の難しさと奥深さを知りはじめ
分析しなきゃ、でも時間がない、の繰り返しの毎日。
もっと上位の視点から見直さないと、と
思ったのが購入のきっかけです。

キーワード広告について書いてあるのはもちろんですが、
豊富なコンサルティング経験から、
経営観点から、黒字になるキーワード広告戦略をつづられているのが、
非常に勉強になりました。

自分も含め、ネットで商売をやられている方は、
どんぶり勘定の方も多いと思います。
最初はどんぶり勘定でないと、膨大な人件費(自分の時間のことです)も
含めてやってられないよ、というところはあると思いますが、
そこから離陸してビジネスを確立するためには、
やはり経営として捉えないとと今更ながらに思いました。

そういったことをちゃんと見極めてますか?
との問いかけは(本当は経営にとって当たり前のことなのですが)
耳が痛く、新鮮に目に映りました。



売上を上げればよい、という点から
目標を定め、そこに向かってキーワード広告を出していく。
これからのショップ経営の戒めにしようと思います。

ちなみに、竹内謙礼さんは
楽天市場のショップオブザイヤー「ベスト店長賞」を2年連続で
受賞されています。
評論家としてではなく、自分で数字を叩き出しているのがすごいですよね。
言葉の重みが違います。

現在、もしもドロップシッピング内の教育活動を
精力的に行うもしも大学の学長もされています。

(後編)に続く。
スポンサーサイト

テーマ : お勧めの一冊! - ジャンル : ビジネス

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。