スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしもの情報収集に役立つメルマガのご紹介

2013/12/31 (火)  カテゴリー/ショップ運営ノウハウ

みなさん、こんばんは。
もしも大学公認講師の宮川です。

いよいよ2013年も本日最終日。
今年も1年大変お世話になりました。

セミナーやメルマガでの活動が忙しく
こちらのブログにあまり顔を出せておりませんが、
メルマガはたいてい毎週発行しています。

もしもで売上アップしたい!という方向けの情報を
毎週無料でお届けしています。

発行回数180回以上、
読者数はおかげさまで1300人を超えました。
登録はメールアドレスだけの簡単登録です。

副業成功!基礎から始める3つの力、7つの方法
http://www.mag2.com/m/0001103481.html

それでは、来年も引き続きどうぞよろしくお願いします!
スポンサーサイト

テーマ : ネットビジネス - ジャンル : ビジネス

商品グループの新しい使い方

2012/12/21 (金)  カテゴリー/ショップ運営ノウハウ

みなさん、こんにちは。
もしも大学公認講師の宮川です。

ショップできすぎくんの便利な機能の一つとして、
商品をあるグループごとにまとめて紹介できる、商品グループがあります。

この商品グループが登録時に選べるようになり、
さらに便利になりました。

さっそく動画を作ってみたので
商品グループって何?という人は要チェックです。



※音声が出ますので、ご注意ください。

テーマ : ドロップシッピング - ジャンル : ビジネス

在庫切れ商品ページの取り扱い

2012/09/24 (月)  カテゴリー/ページ作り

みなさん、こんにちは。
もしも大学公認講師の宮川です。

在庫切れ商品についてどうすればいいですか?
という質問をよく受けます。

確かにショップのトップページに在庫切れ商品が
たくさん並んでいるとお客様に不親切ですよね。

1.もう1回入ってきそうな場合
まずもう1回入ってきそうだな、と
思ううちはそのままにしておきましょう。
でも、トップページで一押し商品からは
優先度を下げて紹介したほうがいいかもしれません。

2.盛況感の演出効果も。
季節商品であれば、ある程度在庫切れも
混じっていた方が盛況感があるので、
私はあえていじらなかったりします。

お米屋さんのページなどが参考になります。

ブランド米の新米をいくつか並べているところは、
これも売り切れ、あれも売り切れ、
今ならこれしかないか、と諦めて買う人も
出てくるのかな、と思います。

ようは
「品切れが多くてずさんな管理をしているショップ」
と見せるか、
「商売大繁盛で、品切れ続出のショップ」
と見せるかの違いということですね。

3.もう取扱いを辞めよう、と思った場合

(ショップできすぎくんの商品点数の上限に
達さないと仮定しての話ですが)
おすすめポイントなどを自分で書いたサイトであれば、
消すのはもったいないですよね。
SEO的にももったいないです。

せっかく時間をかけて書いた文章は残しておきたい。

そこでトップページや、商品グループ、自由ページなどの
ページからの紹介は外し、商品ページ単体としては
残しておくことをおすすめします。

こうすることでSEO効果をある程度残し、
その上で、お客様からもあまり迷惑をかけない、
という対策が取れます。

それでも商品ページ単体にアクセスが多いのであれば、
そのページに他の商品の紹介を載せてしまいましょう。

例えば、青色は売り切れましたが、白色はまだございます、
というように。

あ、自分であまりページをいじっていなければ、
他のショップのページとの重複コンテンツと
見なされる可能性もありますから、
消しておいたほうがいいですね。念のため。

以上、在庫切れとなった商品の取り扱いについてでした。

もしもビギナーズ塾第7期生9月25日(火)締切
詳細はこちらから

テーマ : ドロップシッピング - ジャンル : ビジネス

Googleには出来ないキーワードの連想力

2012/09/23 (日)  カテゴリー/集客

みなさん、こんにちは。
もしも大学公認講師の宮川です。

本日の東京は雨模様です。

雨の日は在宅率が高い=
暇を持て余している人も多い
のではないかと。

そう考えると
何となくインターネットをしている人も
多いのではないかと思います。

とすれば、ショッピングをする方の
確率が高いのではないかな、と思います。
特に給料日後の月末の雨は。。

と前置きは置いておいて。
本題は違う話です。

キーワードツールを使って、
”飾り付け”と調べてみると
関連キーワードがいろいろ出てきます。

”クリスマス 飾り付け” 1300件
いいキーワードかもしれませんね。

クリスマスの飾り付けといえば、イルミネーション、と
思いますが、
”飾り付け”で”イルミネーション”関連のキーワードは
は出てきません。

同じくキャンプ場にいって、カレーを作るなら、
飯盒(はんごう)炊飯、と思いますが、
”キャンプ”では”飯盒 炊飯”は出てきません。

でも、
”飾り付け”って何をするの?
”キャンプ”に行ったら、何をするの?
と質問をしてみれば、Googleがはじき出さない、
関連キーワードも想像出来ますよね。

SEO対策をする方が増えていて、
直接キーワードを狙いに行くと難しい時が
多くあります。

それって何?そこで何するの?と
質問をしてみると、関連キーワードが出てきて、
意外に穴場だったりするかもしれません。

テーマ : ドロップシッピング - ジャンル : ビジネス

自分=市場?

2012/09/21 (金)  カテゴリー/ショップ運営ノウハウ

みなさん、こんにちは。
もしも大学公認講師の宮川です。

「自分だったらAmazonで買うのに。」
「自分の場合、価格.comで最安値を見つけます。」
「自分は楽天。ポイントもつくし。」

こんなお話をよく伺います。

確かに競合としてAmazon、楽天などの大手、
価格.comで最安値を調べられれば、脅威です。

配達が早い、値段は安い、ポイントはつく、と
目に見えるメリットもあります。

ただインターネットで商品を検索する人は
そういう人ばかりではありません。

もしもドロップシッピングを始めた人は、
どちらかと言えば、ネットに慣れている方が
多いのかな、と思います。

本やインターネットで、もしものことを知って、
そしてインターネットビジネスを始めたくらいですから、
よっぽど詳しいほうだと思います。
(ショップ運営は立派なインターネットビジネスです。^^)

自分が商品を探すときと同じ行動を、
お客様が取るとは限らないのです。

試しに友人、知人、家族に
この商品どうやって探す?と
聞いてみても面白いかもしれません。
(特に商品名を隠して。)

「自分だったら。。」の視点も重要です。

でも、自分=市場でないことも、お忘れなく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。